img

がん保険に加入するなら

がん保険に加入するなら、その保険額を預金した方が得するのではと思っている人もいるはずです。そのとおりで、掛捨て型の保険だと何事もなかった時は掛け金が無駄だったと感じると思います。今後も元気でいる自信があれば預金で良いでしょう。ですが、いつ病にかかるか予想不可能です。さらに、入院になると貯金では支払う事が大変だと思います。そんな場合に医療保険が重宝するのです。性別の違いにより、保険会社により保険料が異なる場合もあるのです。特に生保では、女性が寿命が長いため、僅かながら男性より女性の方が月額料が安かったりします。年代によっては女の方が病気にかかりやすい場合は、女性の方が保険料が高くなったりします。

img保険会社ごとに、リスクの取り方が違っているので保険の見直しを考える時は参考にすると良いかもしれません。さらに、年齢に応じて月額料が違う事もあるので年代によってもより見合う保険が変わります。資産運用と聞くと定期預金や株式投資などが考えつきますが、保険も資産運用出来る商品なのです。まず、いずれの保険が資産運用として考えられるかというと、終身保険、養老保険、個人年金保険等です。今契約している保険を見直す際に、そんな資産運用可能なものを探す事も未来の備えのひとつに良いかもしれません。しかし、現在では保険会社各社が多くの保険商品を展開しています。

ひとつひとつ返戻率、利率が異なりますので加入する前に再度確かめることが大切です。年末調整によって支払った保険料が還ってくる機会が大きくなっています。

平成24年以降に新たに保険契約した人が対象となって保険料控除額の上限が引き上げられました。今申し込んでいる生保や医療保険の確認や新たに契約を考えている人には大切な事です。控除額が高くなる分安価に申し込めるとみなす事が出来るのです。サラリーマンだと年末調整を会社でするので税金に関しては意識することがありませんがきっちり年末調整をやり損がないようにしましょう。